スマモバ(モバイルWiFi)の回線

スマモバ(モバイルWiFi)の回線ならびに端末カード作成の取り消し、とか、解除について 本日上記商品を店頭にて申込しましたが、クーリングオフなどの制度を使い、申しこみを解約したいと考えており、お知恵をいただきたく書き記しています。 身体: ・公式HPなどで以下触れ込みに魅力を感じ、店舗に赴いて申込締結 ?ドコモと同回線を活躍していること(したがって、通信エリア、品質はドコモと似た感じの) ?他製品とは違い、通信の速度・容量に制限がないというもの ・店舗では事前の広告と同様の上記?、?の内容等を充実員に説明をされ、特に問題はも存在しないと感じ申し込 ・また、日ごとの際、留意点として、「通信エリア次第では久々に通信の遅延はあり得る」とごく普通な記載は受けるも、それ自体は当たり前の事例なのであんな場では問題ないと明察 ・その出荷代理店では、申し込時、契約書の原本を店舗側で控え、コピーを客に渡すケースになっている旨の説明をを受け、製品と契約書のコピーをもらい帰宅。ものの約定を始める。 効果: ・ドコモのLTE回線とは通信の質(おもにあっという間に)にて手を上にして大きく乖離あり。 “”(アンドロイド向け通信迅速にチェッカーにて実機で記録化。およそ、10分の1以下の0.2~1MbpsでYoutubeなどの一般的な動画ページの閲覧はおろか、通常のネット上からサーフィンにも支障をきたすほど) ・契約書のコピーは原本の右半分のみであったということに帰宅後気づく。 ・その右半分には”クーリングオフ対象外”との説明あり。 ・たいていの解約では24か月以内の約1万円+端末費用で計7万円ほどかかる見込み 上記背景から、契約日より8日以内というというやり方もあり、改正電気事業法のクーリングオフ制度の「体感措置」の条項が活用されるものと考えております。 原因要約: ?通信の実態が広告と大きく乖離 ?入荷員の弁明が不十分 ?充実員が契約書の原本を渡さない等、獲得上不備がある ※改正電気事業法では、以下の解説があります。 2)住所確認措置 住所確認措置では、電波のつながり具合が不十分な際と、会社による陳述等が不十分なとしたらは、利用者の申し出により、携帯電話等の端末も含めて電気通信サービスが違約金なしで契約の解除できます。使用者は端末費用を負担する必須なはありません。 “”明日以降、販売店への契約書原本受け取り、事業母体への検証等を進めてまいりたいと思いますが、上記際での解約は複雑なでしょうか? 法的観点、経験談、などバラエティに富んでなご意見を贈呈できればと思っております。””

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です